FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落書き

アダルト動画 DUGA -デュガ-


公衆便所の落書き。
最近、少なくなった気がするのは、公衆便所そのものが、昔と違って環境美化されており、管理もとても行き届いているからでしょうか。
昔の公衆便所と言えば、兎に角『臭い』『汚い』『怖い』の3Kでした(笑)。

その落書きに至っても様々でしたよね…。

落書きフェチって言い方をするのでしょうか。
身体中に卑猥な言葉を乱雑に落書きされる行為って、妙に興奮するんです。
AVなんかでは確立されたカテゴリーの一つとして、女性の裸体に多くの卑猥な落書きをして楽しむ作品も増えて来ております。

興奮しますね、、、落書き。

私の場合、過去に2度ほど妻に哀れなマゾ裸体へ落書きをして頂いた事がございます。
それを写メして頂き、その画像は妻の浮気相手様へも送信されました。

とってもとっても興奮しました。
その落書きの内容はと言うと…、

『寝取られマゾ夫』
『変態』
『所有物』
『奴隷ちゃん♡』
『おもちゃ』→で汚チンポを指して。
『粗チン』→で汚チンポを指して。
『ゴミ箱』
『トイレットペーパー』
『どMのバカ夫』
『便器♡』
『汚物』
『○○&○○専用』←妻と彼氏様(O様)の名前

です。

これらの言葉全てを、私の胸から股間付近一帯に、油性マジックで所狭しと書いて下さいました。
その画像をお見せ出来ないのがとても残念(※妻のご命令で一切画像の掲載を禁止とされております。)ですが、未だにそれを眺めるとフル勃起してしてしまいます。

眺めていると、やはりどうしても『もっとたくさん書いて頂きたい』と言うマゾ欲が出て来てしまうんですね…。

胸部や腹部のみならず、顔や背中、両手両足、そして股間部に至る全身へ、
これ以上の罵声や暴言、惨めで変態的な言葉の数々を書かれたい…。
出来る事ならそれを妻と彼氏様お二人に眺めて頂き馬鹿にされ足蹴にされたいと妄想してしまいます。

全身へお二人から書かれるお言葉はどんなでしょう…

『寝取られゴミ亭主』
『排泄物処理具』
『痰壺』
『最下等汚物』
『見世物』
『家畜便器』
『○○(彼氏様の名)のチンポ掃除機』
『雑巾』
『足置き』
『女王様とご主人様のおしっこ様を下さい!』
『ビンタして下さい!』
『馬鹿にして笑って下さい!』
『私の口とアナルはゴミ箱です』
『消臭奴隷』
『タンポン入れ』

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

う~ん、考えているとどんどん変態な言葉ばかり浮かんでしまってキリがありません(苦笑)。
妄想すればするほど、汚チンポはビンビンになってきてしまいます。
でも、私は妻の前でしかオナニーは出来ません。
と、申しますか、妻の前でしかする気になれません。
妻に馬鹿にされ、痰唾を浴びせられ、ビンタされ、足裏を舐めさせて頂かないと…逝けません。
本当に救いようのない哀れで惨めな下等マゾ夫へと転落してしまったのです。

このブログの読者様は、M男性様もS男性様も、そしてS女性様もM女性様も、同性愛者様も居られると思いますが、
私の様に、“落書き”に異常な興奮を覚える方っていらっしゃるのでしょうか。
女性目線、男性目線、S目線、M目線と、そのお立場によってはきっとその落書きネタも様々なような…。

是非、皆様からの落書きネタをお聞かせ頂きたい!などど想う今日この頃であります。


更に、落書きされてからの放置、見世物、羞恥等も付随してくる興奮要素。
例えば、彼氏様と妻に、全身へ卑猥で哀れな落書きをお書き頂き、そこから100個近い洗濯バサミを全身に。
お二人はそんな惨めな私をイチャイチャしながら眺め、馬鹿にして頂きます。

「おい!お前そのままオブジェ!うちらセックスすっから黙ってろ!」

なんて言われちゃったらもう…変態汁垂れ流し状態で興奮してしまいます。

或いは、チンぐり返し状態での落書きでは、汚尻穴周辺にこう書かれたい…

『ゴミ入れ』
『何でも入ります』
『傘たてにどうぞ』
『吸殻はこの穴へ!』
『小便頂きます』→で汚尻穴と口周辺にも同じ言葉。
『土足で踏んで下さい』
『靴底舌掃除します!』

嗚呼、ヤバい。
完全に暴走してしまう…。


こういった、非人間的な扱いって、どうしてこんなに興奮するんですかね?
マゾの方々でしたら多少なりとも共感して頂けるのでしょうかね。
逆にサディスト様は、もっともっと冷酷で鬼畜なアイデアをお持ちなのでしょうか。



不動なる主従関係の契りを交わされている絶対的な信頼関係。
愛を超えた愛。
真実の安息、誠の解放。

私にはこのような行為全てがこうした精神論へ結びついて来ます。
過去に、このブログでも綴らせて頂いたD&Sこそ、偽りなき愛と本気で思っております。

単なる女体フェチとして、女性ならだれでもいい!とか、S嗜好の方なら老若男女問わず!みたいな、
肉体的に被虐のみを望む性癖ならば、“プレイ”としてプロの相手(クラブ女王様)を選ぶでしょう。
でも、私の選択肢にそれは一切出て参りません。
何故なら、女体フェチなのではなく、“妻フェチ”だからです。
全ては妻。
妻の排泄物だから興奮するし、妻に馬鹿にされるから幸せ。
妻の痰唾だからいい匂いだし、妻の足裏だから勃起してしまうんです。
これは単純にSMとして括れる癖ではないと思うんです。
妻への愛がサブミッション化して降伏(=幸福)と変わり、
妻もまた私への慈悲心でドミネーション化して支配とて愛情をすり替える事で、
余計な嫉妬や不安を抱く事がなくなり、私を私物化出来たのではと思って居ります。

妻に纏わる全てが、私M夫にとっての興奮ネタであり尊きものなのです。

つまり、AVを見ても、WEBでS女様を閲覧しても、直ぐにその女優様なり女王様なりを妻に置き換えてしまいます。
結果、ヌけません。
妻ではないので。
ただ、妻にこんな事されてみたいとか、こんな事してる人も居るんだ…とか、、、といった具合に、
非常に参考になるんです。
そんなプレイの数々を、是非とも妻にも、そして彼氏様にもどんどん見て頂き、抵抗感を排除して頂きたいと思うのです。
▽応援お願いします▽





素人女子崇拝倶楽部

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

三条友美さんの「性器改造計画」という劇画が大好きでよく読み返すのですが(「淫獣姉妹」という単行本に入っています)、もしかするとM夫さんの嗜好にあうかもしれません。妻とそのご主人様に女性化させられていく夫の物語です。もしショートストーリーを書かれるならこんなテイストのものも読ませてもらえるとうれしいです。。。

Re: 奴隷志願さん

三条友美さんの劇画は、青少年時代に父親のエロ本(笑)を盗み見してた頃から、その衝撃さに興奮していたのを思い出します。
『性器改造計画』という作品は存じ上げませんでした。
是非参考にさせて頂きますね!
情報有難うございますm(_ _)m
プロフィール

M夫

Author:M夫
最愛=妻と子供
性癖=変態ドM
嗜好=妻の匂い
生活=奴隷&旦那
願望=妻と彼氏の便器
不安=365日
安堵=妻の尻下
興奮=妻の唾
精神=Mモード時に安定
虚栄=普段の暮らし
切望=人間便器やゴミ扱い
言葉=冷酷であるほど興奮
身体=妻と彼氏様の所有物
射精=妻の前でオナニー

カテゴリ
◎ 露出M女満載 ◎
さくら企画
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
☆ M男必見 ☆
アダルト動画 DUGA -デュガ-
∞ ミストレスランド ∞
ミストレスランド

専属奴隷への最終試験 綺羅

完全人間玩具開発 久遠珀

射精管理と舌奉仕家事奴隷 東尾真子
ミストレスランド △ミストレスランド△
検索フォーム
ブックマーカーリスト

検索エンジン最適化
★ジャンル別ランキング★
[ジャンルランキング]
アダルト
5784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SM
250位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
FC2ブログランキング
応援よろしくお願いします

FC2Blog Ranking

★★ NTRセレクション ★★
自動翻訳(Translation)
RSSリンクの表示
厳選AV
本日おすすめのレーベル
ブーツの館

ブーツメーカーOLの酸っぱ臭っさい足臭奴隷

ムレムレパンティ臭い責め

集団女子 小便地獄

オンナのビンタ責め!
ブーツの館
リンク
メールフォーム
相互リンクご希望はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

変態落書き露出が好き

chunyang ド変態ペットの卑しい日々

M夫の射精管理

従順ブタ妻 弥生のSM日記

ガメラーのM男日記

性欲処理肉便器「澪といふもの」

M男の人間便器動画

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

SM系、M性感デリ嬢。

僕と妻と他人達

妻から射精管理されているNTR日記

マゾな1枚

寝取られマゾを志して

OL夢華の秘めごと遊び

M男に生まれて幸せな日々。

NTR★TIGER

いけない遊び~妻み食い~

サイズフェチと巨大娘のss小説が大好きな妄想日記

愛のSMごっこ

杏様の玩具

野良M男のハードプレイ研究所

革の淫獣

†† 奴隷倶楽部 ††

主従関係

愛奴の調教日記 ❤️ Diary by SM

従順M妻の日記

円満な夫婦生活の為に射精管理!?

足フェチ、踏まれフェチのブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。